多くの人の興味を引く効果的な広告とは

木製の魅力

 私たちが普段目にする看板の中には、木製看板などを見る事も多くなっていますが、自然の木独特な風合いがあり、場合によっては格式の高い店舗等で掲げている事などもあります。  木製看板を利用する場合の価格の傾向としては、専門業者に依頼して購入する場合、材質やサイズ、合金看板なのか一枚板看板なのか、などによっても違いが見られます。例えば、本格的な一枚板のものでは、50センチx50センチサイズの場合、文字を書いたものであれば6万円位で、文字を彫った場合には10万円ほど掛かります。しかし、木製看板として、イーゼルスタンドの様な簡単ものは、数千円で購入できますので、これにアルミ製、あるいは黒板式の板を載せる様な形式であれば、1万円位の費用で揃える事も可能になります。

 木製看板の変遷としては、看板という言葉がなかったとしても、その役割を果たしていたのは、古い時代から始まっていた様です。日本では、奈良時代にその形跡があり、商いを行っている店先にその木製の板が使用されていました。昔は、現在の様なプラスチック素材やアルミ製のものはありませんでしたので、木材を利用して、取り扱う品物の絵を記したり、それ以後も、各時代の政府がお触書を掲げたりなどの場面で使用されていた様です。  変化のきっかけとなったのは、明治時代に入ると、西洋の文化や技術が入ってきた事で、看板に使用される材質などにも変化が見られる様になっていきました。唯、日本人にとっては、自然の恵みである木材を利用した看板には独特の風合いがあり、馴染みの深いものとして感じられるため、現在では木製看板を利用する店舗等が増える傾向を辿っています。